3月10日(金)後楽園ホールにて開催されるA-sign.Bee 1 。
錚々たるメンバーが出場するこの開幕戦。
メインイベントは第38回チャンピオンカーニバル・日本バンタム級王座決定戦。

メインイベント
日本バンタム級王座決定戦
元東洋太平洋Sフライ級王者 
元WBOバンタム級インターナショナル王者 
赤穂亮【横浜光】
33戦29勝19KO2敗2分 
vs
元WBCユースバンタム級王者 
田中裕士【畑中】
23戦19勝13KO1敗3分

赤穂田中のコピー

2016年3月、田中裕士は益田健太郎【新日本木村】と王座決定戦を争った。
元WBCユース王者、当時19戦無敗の田中は、
益田の前に8Rで散った。
ワンサイドで敗れた田中はわずか2ヶ月後に再起。
その後3勝3KOで、再びチャンピオンカーニバルの晴舞台に戻ってきた。
対戦相手は、益田の王座返上に伴い赤穂亮へ。
益田以上のビッグネームといっていい。
「日本タイトルのチャンスがきた。赤穂選手だろうとやるしかない」
1年前、力及ばず忸怩たる思いをしたこの後楽園ホールで、
今度こそは自分のボクシングを貫くことを誓った。
「赤穂選手はすごいパワーと突進力の選手だと思う。
スピードが僕の持ち味なんで、スピードとパワーの戦いになる。
自分の距離で、自分のボクシングで(赤穂に)何もさせない」 
畑中ジムは昨年大晦日、
田中恒成が世界二階級制覇、林翔太が下田昭文【帝拳】を下し初防衛に成功している。 
「2人にはもの凄く刺激を受けている。
僕もベルトを獲って中部を盛り上げたい」

 A-sign.Boxing.com ホームページ → こちらをクリック

A-sign.Bee 1 全7試合動画購入ページ → こちらをクリック

A-sign.Bee 1&2 全14試合動画購入ページ → こちらをクリック 

*全試合終了後、当日深夜配信予定