4月19日大阪にあるグリーンツダジムにて、
矢田良太、田中一樹両選手の次戦発表会見がおこなわれた。 
この会見には、 横浜光ジム会長石井一太郎、松永宏信、高橋竜平も急遽出席した。


5月26日(金) 後楽園ホール
A-sign.Bee 3


*66.8Kg契約8回戦
WBOスーパーウェルター級14位
日本スーパーウェルター級6位
WBOアジアパシフィックSウェルター級王者 
松永宏信【横浜光】
vs
日本ウェルター級4位
矢田良太【グリーンツダ】

松永「前から矢田選手のことは意識していました。僕はアジアパシフック王座を獲得しましたが、決して実力が認められたとは言えない。矢田選手に勝利して、実力を証明します。結果、自分にとっては通過点に過ぎない試合だったと言いたい」 
 
矢田「WBOアジアタイトルで負けて、再起戦は強いやつとやらせてください、と会長にはお願いしていました。こんなチャンスをいただいてありがとうございます。(松永は)穴の少ない選手で、前からやりたいと思っていた。 ここでしっかりと再起して、また上を目指していきた。倒します」


*54.5Kg契約8回戦
2014年全日本新人王
高橋竜平【横浜光】 
vs
アマ77戦 プロ7戦無敗
田中一樹【グリーンツダ】
 
高橋「(田中は)アマキャリアもあってやりがいのある選手。
前戦は計量失敗という失態を犯してしまったので、なにがなんでも勝ってランキングを奪います」

田中「初めての後楽園ホールなんで楽しみ。高橋選手も強いので、しっかり勝って次に進みます。
1Rからプレッシャーかけていきます」

IMG_0816


グリーンツダジム会長
本石昌也
「これはグリーンツダジムと横浜光ジムの戦い。自信を持って、矢田、田中の2人を僕は後楽園ホールに送りこみます。僕たちは敵地だろうがこれからも挑戦し続けます」

横浜光ジム会長
A-sign.Boxing.com代表 
石井一太郎
「A-sign.Bee開幕戦は大変な盛り上がりを見せた。今回のカードもまさにA-signに相応しいカードだと思う。グリーンツダジムと一緒に盛り上げることができてうれしい」